2017/08/31 18:30

お金が貯まる人は、節約効果を「一生分」で考える

出費を抑えるには、ムダなお金をなくす“節約”を考える必要があります。でも、何もかも節約していたら幸せではありません。お金が貯まる人は、節約効果を「一生分」で考えているのです。
出費を抑えるには、ムダなお金をなくす“節約”を考える必要があります。でも、何もかも節約していたら幸せではありません。お金が貯まる人は、節約効果を「一生分」で考えているのです。
「節約」と聞くと、あまりいいイメージがないのではないでしょうか。「好きなものも買わずにグッと我慢する」「チマチマと10円20円でも安く買う」「高いものは買わない、安くないと買わない」といった印象があるかもしれません。

実は、そういったマイナスイメージの「節約」は、悪い節約です。なぜなら、一生続けることができないからです。

お金を上手に貯めて、自分の好きなことに使うためには、お金の出入りを一生分くらいの長~いスパンで考えることが重要。少々大げさに聞こえるかもしれませんが、キーワードは「一生分」なのです。

その20円の差、「一生分」でどのくらい?

ドラッグストアに行って、洗濯用の洗剤を買おうと思ったとします。普段よく買う洗剤が、268円で売られています。セールの時は248円くらい。「ちょっと高いな…」と思って、節約のために買わない判断をする人もいるかもしれません。「次のセールの時を待ってから買おう」と。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >