2017/09/08 18:15

「読んだ本の内容を忘れない」記憶術

仕事に活かそうと思ってせっかく読んだ本をすっかり忘れてしまってはもったいないですよね。
仕事に活かそうと思ってせっかく読んだ本をすっかり忘れてしまってはもったいないですよね。

人は読んだそばから忘れている

「あれ? 昨日読み終わった本、なに書いてあったっけ?」
「その本なら読みましたよ。でも……、中身が思い出せない……」

せっかく時間をかけて読み終わった本。読んでいるときは、頭に入っている気がしていたのに、後で内容を思い出そうとしてもなかなか思い出せなくて落ち込んだことはありませんか?

ただ、それもそのはず。人は「忘れる生き物」だからです。

ある記憶の実験によると、がんばって記憶したものでも、「1時間後には半分以上」、そして「1日後には8割近く」も忘れてしまう、という結果が出ています。ましてや、ただ読んだだけの本の内容をほとんど思い出せないのも、ある意味、仕方がないともいえるのです。

「覚えた」という錯覚を生むメカニズムとは?

「でも、読んでいるときは覚えるというか、頭に入ったような気がしたんだけれど……」

そんなふうに思う人がいるかもしれません。確かに、読んでいるときに、われわれは本の情報を一時的ですが、頭に入れています。そのときには「頭に入った」「覚えた」という感覚が生じます。しかし、これは本当に「覚えた」わけではないのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >