2017/09/06 12:20

中途退職した場合の住民税、ここに注意!

昨年会社を辞めて現在失業中、昨年結婚して現在は専業主婦、といった方々は、住民税を過大に支払っている可能性があります。
昨年会社を辞めて現在失業中、昨年結婚して現在は専業主婦、といった方々は、住民税を過大に支払っている可能性があります。

今は無収入でも住民税を払うケースはある

住民税の基本的な仕組みは、前年の所得の状況に応じて今年課税される、ということです。つまり、中途退職した方で、現在は収入源がない場合でも、基準となるのは「前年の所得の状況」ですから、住民税が課される可能性が高いということです。

例えば

・現在は失業中、あるいは求職中
・昨年結婚して、現在は専業主婦
・社会人から学生

になったという場合には、現在は収入がないかもしれませんが、基準となる「前年の所得の状況」に応じて、住民税が課されることになります。

中途退職した方は源泉徴収票をチェック!

中途退職をした方は、前の勤務先からもらった源泉徴収票が手元にあるはずです。そこには、年末調整を受けた源泉徴収票とは異なる特徴があります。

中途退職した方の源泉徴収票は、下記のような情報が記載されています。

・年収・・・年初から退職日までの給与の合計
・社会保険料・・・年初から退職日までに給与天引きされた社会保険料の合計
・源泉所得税・・・年初から退職日までに給与天引きされた所得税の合計

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >