2017/09/07 21:25

ANAが新機材「A321neo」を9月中旬に国内線で導入へ!どんな飛行機?

フランスの航空機メーカー・エアバスは9月7日、ANAにエアバスのA321neo型機の初号機(写真:エアバス提供)を引き渡した。ANAではこのA321neoを9月中旬から、国内線の羽田発着の定期便で運航開始する。どのような飛行機なのだろうか?
フランスの航空機メーカー・エアバスは9月7日、ANAにエアバスのA321neo型機の初号機(写真:エアバス提供)を引き渡した。ANAではこのA321neoを9月中旬から、国内線の羽田発着の定期便で運航開始する。どのような飛行機なのだろうか?

9月中旬から羽田発着の国内路線で運航

フランスの航空機メーカー・エアバスとANAは9月7日、ドイツ・ハンブルクでエアバスのA321neo型機の初号機がANAに引き渡されたことを発表した。同機は、翌8日に日本に到着する予定。ANAではこのA321neoを9月中旬から、国内線の羽田発着の定期便で運航開始する。
 
ANAが受領したA321neoは、プレミアムクラス8席と普通席184席の合計194席となる国内線仕様。A321neoとしては初めて、すべての座席に機内エンターテイメントシステムが装備され、約60タイトルものビデオコンテンツなどが楽しめる。
 

国内線で初めて全席に機内エンターテイメントシステム 

ANAが導入するA321neoのシートマップ (ANAのプレスリリースより)
プレミアムクラスには電動リクライニングシートが採用され、国内線最大級の50インチのシートピッチ、レッグレスト・フットレストも完備。スマートフォンなどシート回りの小物収納スペースも充実する。パーソナルモニターはタッチスクリーン型12インチで、普通席の10インチより大きい。パソコン電源やUSB充電ポートもシートごとに装備する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >