2017/09/09 08:10

悔いのない人生はエンディングノートで見つかる!

エンディングノートを書く事は自分の死と生を見つめることになります。しかし、その行為は決して簡単なことではありません。
エンディングノートを書く事は自分の死と生を見つめることになります。しかし、その行為は決して簡単なことではありません。

エンディングノートの課題

実際は書くことが難しいというのがエンディングノートの課題だと感じています。エンディングノートを書くことは自分の死と向き合うことです。自分の死と向き合う事は決して簡単な作業ではありません。実際にエンディングノートの知識があり、書いておいた方が良いと頭では分かっていても、書くことができない、書き進めることができないという人が多いのが現状です。

自分の想い出を整理することは、良い事も辛い事も掘り起こす作業です。まして、自分が死んでしまったら?と考えるだけで、愛する人との別れや死の恐怖で心が潰されそうになります。淡々と書ける人の方が少なく、涙なくしてエンディングノートを書くことはできないのです。

しかし、自分の死と向き合う事は生と向き合うことでもあり、自分はこのような最期にしたい、だからこそ今をどう生きるのか?と前向きに捉えることができるのです。

死と生に向き合う事で人生が素晴らしくなる!

事故や病気で強制的に死と向き合う機会を得たり、九死に一生を得た経験がある方がその後人生がガラッと変わることがありますね。生きている事に心から感謝できることで、命ある限り、残された人生を大切にし、自分の使命を果たしたいと思うからですね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >