2017/09/11 08:10

子どものお小遣い、金銭教育のポイント

お小遣いをもらって、その範囲とはいえ、自分の欲しいものを手に入れる。これは子供にとってお金との付き合い方の原点ともいえることです。このお小遣いで、子供の金銭教育をしましょう。
お小遣いをもらって、その範囲とはいえ、自分の欲しいものを手に入れる。これは子供にとってお金との付き合い方の原点ともいえることです。このお小遣いで、子供の金銭教育をしましょう。

「お小遣い」は家庭でできる金銭教育

お小遣いは子供にとってお金との付き合い方の第一歩です お小遣いをもらって、その範囲とはいえ、自分の欲しいものを手に入れる。これは子供にとってお金との付き合い方の原点ともいえることです。

・「お小遣い」はどこから来るのか?(お金と労働の関係)
・ お金の役割(お金による社会参加)

お小遣いを与えはじめる時には、できれば、そうしたことも説明しましょう。そして、「大事に使うのよ」とひとこと添えて、丁寧に渡しましょう。子供たちは、そうした親の姿に、お金は大事なのだと感じることでしょう。

お小遣いで金銭教育を始める時期はいつ頃がいいのかは、そのご家庭の考え方や子供の発達の状態、周辺の環境によっても異なると思います。

「お小遣い」でやりくりを覚える子供に限らず、自由に欲しいものが手に入るというのは、大きな喜びです。欲しいものを次から次へを手に入れられる生活は、大人だってあこがれますが、現実には、限られたお金を上手にやりくりして、本当に欲しいもののためにお金を使う生活であるはずです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >