----------->> 楽天イーグルス応援キャンペーン!楽天スーパーポイント100,000ポイント山分け! <<-----------
2017/09/22 21:15

「友達みたいな夫婦」が離婚の危機に陥る瞬間

友達みたいに仲良しの夫婦でも、あるとき急に離婚してしまうケースもあります。どんなときに離婚の危機が訪れるのでしょうか。
友達みたいに仲良しの夫婦でも、あるとき急に離婚してしまうケースもあります。どんなときに離婚の危機が訪れるのでしょうか。
亭主関白型、おしどり夫婦型、世話焼き女房主導型、年の差婚型……夫婦のあり方は千差万別。みなさんのご夫婦は、どのようなタイプでしょうか? ここでは、最近になって増えてきている友達みたいな夫婦、いわゆる「友達夫婦」について、離婚の可能性や修復への対策法などを考えていきましょう。

目標がズレてしまったときが最大のピンチ

夫婦円満の秘訣のひとつには、日頃からお互いが何を考えて、どう思っているのか、その胸の内をわかり合おうとすることがあげられます。その点でいえば、友達夫婦の場合はお互いの格差や距離感が少ない分、ふたりが向いている方向や共通の目標が同じであるケースが多いもの。したがって、感覚的にわかり合えることもたくさんあり、仲良しでいられるわけです。

ところが、長く一緒に暮らしていれば、日常のさまざまな出来事がきっかけで、お互いが向いている方向や同じだったはずの目標がズレてしまうこともあります。そんなときは、友達夫婦にとっても離婚のきっかけとなるピンチといえます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >