2017/10/31 19:45

病気が原因で嘘つきになってしまう? その心理と特徴

度を越したひどい嘘を頻繁についているような場合、その人の人格が問題なのではなく、心の病気の症状である可能性があります。嘘に関連する心の病気について専門家が解説します
度を越したひどい嘘を頻繁についているような場合、その人の人格が問題なのではなく、心の病気の症状である可能性があります。嘘に関連する心の病気について専門家が解説します

性格のせいではないのかも……嘘をついてしまう病気とは

程度の差こそあれ、私たちは人の目を気にしながら生きているもの。周りの人からどう思われているのか、気になることもあるでしょう。また、周りの人に高く評価されたいという思いが、モチベーションを高める大きな原動力になることもあります。

そんな心理がある中で、周りの人から「あの人は嘘つきだ!」といった目で見られるようになってしまったら大変です。その人たちの輪の中で気持ちよい人間関係を保っていくのは、かなり難しくなるかもしれません。しかし、つい嘘をついてしまう背景に、心の病気が関与している場合もあるのです。

ここでは、嘘に関連する心の病気を詳しく解説します。

パーソナリティ障害……嘘つきが平気になるのも症状のひとつ

相手に嘘をつかれることも、ショックなものです。嘘の度合いによっては、相手の人格を疑ってしまうこともあるでしょう。しかし、実はパーソナリティ的に、嘘をつく敷居が低くなっている場合もあります。もしも自己の何らかの利益や都合のために平気で嘘をつくようになっている場合、反社会性パーソナリティ障害の可能性があることにも注意してください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >