2017/09/15 08:10

投資信託の税金とは?売却時と分配金で利益がでたら

投資信託には株式投資信託と公社債投資信託があり、分配金受け取り時、売却・解約・償還時の利益受け取り時に税金がかかります。
投資信託には株式投資信託と公社債投資信託があり、分配金受け取り時、売却・解約・償還時の利益受け取り時に税金がかかります。

投資信託にかかる税金はいくら

投資信託は、分配金受け取り時、売却・解約・償還時の利益受け取り時に税金がかかります。利益の種類にかかわらず、税率は20.315%(所得税15.315%+住民税5%)です。

投資信託には株式投資信託と公社債投資信託があります。公社債投資信託とは、株式を一切組み入れず公社債のみで運用するファンド、株式投資信託とは、株式の組入を許されているファンドを指します。

投資信託にかかる税金は、表にまとめましたでの、それぞれにかかる税金を確認していきましょう。


投資信託の「売却」と「解約」

投資信託を売却する方法には、「売却(買取請求)」と「解約(解約請求)」と「買取請求」の2通りがあります。カンタンに言えば、この二つの違いは換金の仕方です。

・「買取請求」とは、いわゆる売却のことで、販売会社に買い取ってもらう方法。
・「解約請求」とは、運用会社との投資信託の契約を解除する方法。運用会社は、ファンドの資産を取り崩し、投資家に代金が支払われます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >