2017/09/14 23:05

会社員がうつ病で休職したときに受け取れる給付金

会社員がうつ病で休職したときに受け取れる給付金
会社員がうつ病で休職したときに受け取れる給付金

仕事上のことが原因でうつ病を発症したら生活はどうする?


平成28年10月に大手広告会社の女子社員が月105時間以上の労働で「うつ病」を発症し自殺したと労災認定されました。また平成29年6月にも外国人実習生がパワハラで「うつ病」を発症したと労災認定がありました。

労災とは労働者が仕事上、通勤上の災害に対して行われる労災保険(正式には労働者災害補償保険)のことです。

厚生労働省では平成23年12月に「心理的負荷による精神障害の認定基準」を新たに定め、労災認定を行っています。うつ病等精神障害で労災認定を受けるには以下のような基準を満たしていなければなりません。

認定基準となる精神障害を発病していること。精神障害の約6か月間に業務による強い心理的負荷が認められること。
業務以外の心理的負荷や個体側要因により精神障害が発病したとは認められないこと。
うつ病など発病前の約6か月間に業務上の特別な出来事や具体的出来事の有無、1か月間または3か月間など期間内での長時間労働の有無、私生活上の精神的ストレスの有無など詳細にわたる基準を満たしたと認められれば労働災害として認定されます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >