2017/09/14 19:35

マツダCX-8は日本で新たな市場を開拓できるのか?

日本向けのマツダSUVとしてはフラッグシップになるCX-8が9月14日、正式発表された。12月14日に発売を開始する。日本において3列シートSUVはまだニッチだが、マツダは新たな市場を開拓できるのだろうか?
日本向けのマツダSUVとしてはフラッグシップになるCX-8が9月14日、正式発表された。12月14日に発売を開始する。日本において3列シートSUVはまだニッチだが、マツダは新たな市場を開拓できるのだろうか?

マツダSUVとしてはフラッグシップになるCX-8

すでに写真を数枚公開するなど、一部先行公開されていたマツダCX-8が2017年9月14日に正式発表された。日本向けとしては(地域によっては)、やや大きめであるうえに、3列シートSUVはまだニッチな市場であることもマツダは理解している。それでも、日本国内向けにアジャストされて投入された理由と勝算を探る。
 

CX-9の予約受注を9月14日に開始

北米向けのCX-9を下敷きに(CX-9もCX-8もホイールベースは同値)、日本向けに用意された3列シートSUVのマツダCX-8がデビューを飾った。12月14日の発売開始に先駆けて9月14日から予約受注を開始している。
 
マツダCX-8の見どころは、最近のマツダらしいスタイリッシュで大人っぽいデザインでありながら、3列シート(6人乗りもしくは7人乗り)という多人数乗車を成立させている点。
 

「身長170cmでも無理なく座れる」、実際は?

3列シートは身長171cmの私で短時間なら十分に実用になる印象。身長160cmくらいまでなら長距離移動もいけるかもしれない 
気になる3列目は、「身長170cmでも無理なく座れる」と謳っているものの、身長171cmの私が座ってみると、床面が高くて座面が低く、足元のシートレールの凹凸も気になる。確かに短時間であれば十分に実用になるが、ロングドライブとなるとかなりきつそう。つまり、大人にとってはエマージェンシーシートの域は出ていない印象だ。
 
エンジンは2.2Lディーゼルエンジンのみ。将来的にガソリンエンジンも追加されるか注目 
エンジンは進化を遂げた2.2Lのクリーンディーゼルエンジンのみで、現時点ではガソリンエンジンの設定はない。今後は分からないが、CX-3の例からも分かるように、ユーザーニーズはあるはずで、新世代の2.5L直噴ガソリンターボなどを望む声もありそう。
 

3列シートSUVは日本ではまだニッチな市場

全長4900×全幅1840×全高1730mmで、横幅1850mm制限のある駐車場にもサイズ的にはクリアしている 
マツダがニッチな市場である3列シートSUVを投入する背景には、ミニバンからの撤退により多人数乗車モデルがなくなるという切実な理由、そして、既存はもちろん、新規の3列シートを望むユーザーを取り込みたい、という想いが伝わってくる。具体的には、MPVやビアンテに乗っている層などからも注目されそう。
 
さて、気になる価格は319万6800円〜419万400円。弟分のCX-5のディーゼルエンジン仕様(CX-5にはガソリン仕様もあり)が280万8000円〜352万6200円。サイズやシート配列、進化したエンジンなどを考えてもCX-8の価格設定に対する頑張りが十分に伝わってくる。
 
月間販売目標台数は1200台と、市場規模を考えて控えめだが、初代MPVがミニバンブームの牽引役の1台となったように、新型CX-8が3列シートSUVというマーケットを盛り上げることができるか注目だ。
(文:塚田 勝弘)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >