2017/09/15 18:30

「65歳までに3000万円貯めたい!」で投資するのは危険

資産形成において、「×歳までに○○万円貯めたい!」と貯蓄目標の時期や金額を設定してしまうと、その目標を達成するために必要な利回りを考えて、ポートフォリオを決定することになります。
資産形成において、「×歳までに○○万円貯めたい!」と貯蓄目標の時期や金額を設定してしまうと、その目標を達成するために必要な利回りを考えて、ポートフォリオを決定することになります。

失敗しない資産運用の目標設定のルールとは?

みなさんはどのような時に将来のお金のことを考えますか?子どもが産まれたとき?家を買いたいとき?電車の中吊り広告で「老後破産」や「老後貧乏」などのキャッチコピーに目が奪われたとき?でしょうか。

ライフプランを考えて資産運用に取り組もうとすると、多くの人は貯蓄目標額を決めて投資を始めます。「自分が定年を迎える20年後までに、5%の利回りで運用しながら3000万円の老後資金を準備したい」といったふうに考えます。

退職時期など将来のライフイベントを考えて資産運用に取り組むのはもちろん大切なことです。しかし、この発想には問題があります。殖やすことばかりに頭がいってしまうと、無理な運用につながる可能性がありとても危険なのです。

「早く、少しでも多く資産を増やしたい」、「老後はゆとりある生活がしたい」、など、この誰もが持つあたり前の願いが資産運用においては実に危ないのです。高い目標を掲げると、どこかに無理のあるプランを策定してしまいます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >