2017/09/17 21:35

YouTuberが逮捕される…イタズラも度が過ぎると犯罪になる?

福井県で警察官の前で白い粉末をわざと落として逃げ去ろうとし、警察官に追いかけられたシーンを撮影して、YouTube(写真:Shutterstock)にアップしていた夫婦が偽計業務妨害罪で逮捕されたそうです。イタズラも度が過ぎると犯罪になる場合があります。注意点を弁護士が解説します。
福井県で警察官の前で白い粉末をわざと落として逃げ去ろうとし、警察官に追いかけられたシーンを撮影して、YouTube(写真:Shutterstock)にアップしていた夫婦が偽計業務妨害罪で逮捕されたそうです。イタズラも度が過ぎると犯罪になる場合があります。注意点を弁護士が解説します。

白い粉を持って逃げたら偽計業務妨害罪

福井県で警察官の前で白い粉末をわざと落として逃げ去ろうとし、警察官に追いかけられたシーンを撮影して、YouTubeにアップしていた夫婦が偽計業務妨害罪で逮捕されたそうです。偽計業務妨害罪とはどんな犯罪で、日常生活上注意すべき点について考えてみたいと思います。
 

偽計業務妨害罪とは

偽計業務妨害罪は、真実に反する嘘や情報を不特定又は多数の人に流す、騙す、その人が事情を知らないことを利用する、といった手段で業務を妨害した場合に成立します(刑法233条)。
 
業務というのは、職業などの社会生活情の地位に基づいて継続して行う事務と言われています。分かりにくいですが、例えば、家庭で行われる炊事や掃除は継続して行われているとしても職業などの地位に基づいていませんので当てはまりません。もっとも、一般的な「業務」のニュアンスからはビジネスとか営利活動といった意味を連想しますが、法律上そのような要素は不要です。例えば、無償のボランティア活動も「業務」にあたります。
 
偽計業務妨害罪で有罪になると、3年以上の懲役又は50万円以下の罰金の刑罰を受けます。
 
ちなみに、先ほど指摘した方法で「人の信用を毀損」する場合には信用毀損罪という犯罪が成立します。刑罰の重さは同じです。
 

偽計業務妨害を認めた裁判例はどんなものがあるか

無言電話も犯罪になる場合も
偽計業務妨害罪の典型例は、蕎麦屋に嘘の注文を出して準備させた、といったものですが、裁判例を見ていると、様々な行為について犯罪が成立すると判断されています。いくつか例を挙げます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >