----------->> 楽天イーグルス応援キャンペーン!楽天スーパーポイント100,000ポイント山分け! <<-----------
2017/09/20 20:30

あなたの終の棲家は?老後の住まいに必要となる費用

セカンドライフを迎えると自由な時間が増えるため、交友範囲や行動範囲にも変化が生まれてきますし、将来、介護が必要になったときなどを想定して、住み替えを考える人もいます。
セカンドライフを迎えると自由な時間が増えるため、交友範囲や行動範囲にも変化が生まれてきますし、将来、介護が必要になったときなどを想定して、住み替えを考える人もいます。

今のところに住み続けるのか、住替えるのか

50代を迎えたら、そろそろ考えておきたいのが終の棲家(ついのすみか)についてです。今のところに住み続けるのか、住替えるのか、住替えるときにはどのように暮らすのか、その場合に掛かる費用はいくら掛かるのか等をあらかじめ知って、準備しておくことが必要です。

住み続ければお金は掛からない?

今、住んでいるところにそのまま住み続ける場合には、特別にお金は掛からないと考える人もいるようです。賃貸であれば家賃を支払わなくてはなりませんが、落ち家なら家賃は要らないからお金は掛からないとイメージしがちです。
とはいえ、持ち家の場合には固定資産税の他に修繕費や管理費等も定期的に必要になりますので、持ち家だからお金が掛からないというのは、間違った認識です。

固定資産税は市区町村から送られてくる納付書に金額が記載されていますので、毎年の支出として予算立てをする必要があります。改修費については、一般的なリフォームや将来を見据えたバリアフリー住宅へのリフォームが考えられます。リフォームに掛かる費用は内容によって変わってきますので、ハウスメーカーや工務店に見積もりを出してもらい、おおよその金額を把握しておくことが必要です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >