2017/09/21 11:30

貯蓄ペースが違う、ボーナスを90%以上貯める家計術

貯蓄は毎月コツコツの積立型がもっとも堅実な方法です。ただ、毎月の家計から貯蓄分を捻出するのも大変。そこで、貯蓄額を大きく伸ばすという点では、ボーナスの貯蓄がもっとも有効。
貯蓄は毎月コツコツの積立型がもっとも堅実な方法です。ただ、毎月の家計から貯蓄分を捻出するのも大変。そこで、貯蓄額を大きく伸ばすという点では、ボーナスの貯蓄がもっとも有効。

「貯蓄している」実感が強く得られるボーナス貯蓄

日本経済新聞社の「2017年の夏のボーナス調査」によると、税込み支給額は83万9560円で前年比2.75%減。一方、日本生命による同年の「夏のボーナスに関する調査」では、51万5000円で前年比1%増とのことです。前者が上場企業もしくは有力な非上場企業を対象としているのに対し、後者は勤務先を限定せず、しかも回答者の男女比がほぼ半々という点で、これだけ差が開いたと思われますが、ともあれ、ボーナス=まとまった臨時収入であることは確かです。

したがって、日々家計のやりくりで苦労している世帯にとっては、これほど頼れる存在はありません。赤字家計が続いていればその補てんに。 年払い保険料や税金の支払い、さらには旅行やその他の不定期な支出にも大活躍です。しかし、考えてみてください。しかし、これらはすべて「支出」。それを「貯蓄」に転換できれば、将来のマネープランがグッとラクになり、結果、家計管理そのものも健全となるのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >