----------->> 楽天イーグルス応援キャンペーン!楽天スーパーポイント100,000ポイント山分け! <<-----------
2017/09/30 12:45

イライラする…女性の「プレ更年期」とは?

一般的には40代後半~50代前半に多いといわれますが、40代前半から同じような症状に悩む人が増えています。
一般的には40代後半~50代前半に多いといわれますが、40代前半から同じような症状に悩む人が増えています。

40代前半なのに更年期? プレ更年期とは

女性の体には、ライフステージにおける区切りがいくつかあります。そのひとつが、閉経の前後5~10年の、いわゆる「更年期」です。個人差はありますが、日本人女性の閉経年齢が50歳前後のため、多くは40代後半から50代前半の時期が目安になります。

この時期は、加齢に伴う卵巣機能の低下によって、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減り、それによって心身にさまざまな不快な症状が現れます。これが「更年期障害」で、主に、「ホットフラッシュ」と呼ばれるのぼせやほてり、発汗、頭痛、動悸、肩こり、疲れやすくなる、イライラするなどの症状が起こります。

更年期障害は、中高年の女性なら誰もが経験しうることです。ところが最近、40代前半にもかかわらず、更年期障害のような症状を訴える女性が増えています。「まだ更年期障害の年齢じゃないのに……」と思っても、症状は更年期障害そのもの。それは、「プレ更年期」かもしれません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >