2017/10/06 20:45

「おりもの」のニオイ・色でわかる病気

おりものの変化で病気が発見できることもあるのです。意外に知られていないおりものの役割とチェックポイントを解説します。
おりものの変化で病気が発見できることもあるのです。意外に知られていないおりものの役割とチェックポイントを解説します。

おりものの大切な役割……自浄作用・妊娠しやすい環境づくり

おりものというと、下着が汚れてしまうなど、不快なイメージを抱く人が多いのではないでしょうか。でも、おりものが出るのはホルモンの活動がある女性なら当たり前のこと。おりものには、女性の健康にかかわる、とても大切な役割があるのです。

そもそもおりものとは、子宮や膣などから出る、さまざまな分泌物が混ざり合ったものです。唾液が口の中を潤すのと同じように、膣の中はおりものによって潤いが保たれています。

おりものの重要な役割のひとつが「自浄作用」。膣は肛門や尿道のすぐ近くにあるため、大腸菌などの雑菌が入りやすい環境にありますが、おりものにはそれらの雑菌を洗い流す作用があります。さらに、おりものには膣の中を弱酸性に保つはたらきがあり、それによって雑菌の増殖を防いでくれているのです。

もうひとつ、おりものには「受精を助ける」という、大切なはたらきがあります。通常は弱酸性に保たれている膣の中ですが、排卵のときだけはアルカリ性に保つように、おりものがはたらきます。これは、精子の移動をスムーズにするため。つまり、おりものは妊娠しやすい環境づくりにも一役買っているのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >