2017/09/26 12:20

家計が保有する金融資産が過去最高の1832兆円に

日本銀行が9月20日に発表した資金循環統計によると、家計が保有する金融資産残高は2017年6月末時点で、前年同月比4.4%多い、1832兆円と過去最高を更新しました。
日本銀行が9月20日に発表した資金循環統計によると、家計が保有する金融資産残高は2017年6月末時点で、前年同月比4.4%多い、1832兆円と過去最高を更新しました。

株式の購入額はマイナスに

日本銀行が四半期ごとに発表する資金循環統計によれば、2017年6月末の家計が保有する金融資産残高は1832兆円になりました。1年前が1755兆円ですから、金額にして77兆円、率にすれば4.4%の増加になっています。勤労者の収入があまり増えていないことを考慮すれば、驚異的な増え方と言えるかもしれません。

家計の金融資産残高が増えた背景は、株高が進んだことです。2016年6月末の日経平均株価は1万5575円。2017年6月末は2万33円と約29%も上昇したのですから。ただ、株式の保有額は大きく膨らんだのですが、株式の購入額自体はマイナスとなっています。家計は利益確定を進めたと考えられます。

家計の金融資産残高が過去最高を更新したように、企業の金融資産額も前年同月比で13%増え、1116兆円と過去最高を更新しました。企業の金融資産では、保有株式が28.6%も増え371兆円と評価額が大きく膨らんだことが大きいようです。資産額が増えるのは企業にとってプラスなのは確かですが、一方で多額の金融資産を保有する必要があるのかと疑問が残ります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >