2017/09/26 20:30

不妊治療にかかる費用は100万円以上?貰えるお金と貰えないお金を要チェック

不妊体験者の支援団体が行ったインターネット調査によると、不妊治療をしている人の半数以上が治療費に100万円以上かかっているそうです。
不妊体験者の支援団体が行ったインターネット調査によると、不妊治療をしている人の半数以上が治療費に100万円以上かかっているそうです。

不妊治療は100万円以上もかかる?

ある調査によると、不妊治療をしている人の半数以上が治療費に100万円以上かかっているとのことです。不妊治療の平均的な期間は2~5年。相談先の医療機関や治療段階によって治療費も異なりますが、どのくらいかかるか目安を確認してみましょう。

不妊治療の相談先は、個人病院、大学・総合病院、不妊専門クリニックなどいろいろあります。周囲に病院がたくさんある環境なら、通いやすさや医師との相性なども考慮したり、地域の不妊専門相談センターを利用したりしてもいいでしょう。

特定不妊治療(体外受精や顕微授精)に備え、指定医療機関で治療すると、国や自治体から助成を受けられることがあります。

また国の助成金が縮小される中、金融庁に促されて、平成28年10月に民間保険会社から初の不妊治療保険が発売される予定です。

健康保険が使える検査・治療

同じように感じられる検査(例えば採血など)でも、内容によって健康保険が使える場合と使えない場合があるようです。健康保険が使える場合の自己負担額はどのくらいになるのでしょう?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >