2017/09/28 12:20

人生に3回ある「貯蓄のゴールデンエイジ」とは?

一般的に、運動神経がよくなる大切な時期として使われる「ゴールデンエイジ」。では、貯蓄ができるようになる大切な時期=貯蓄のゴールデンエイジは、いったいいつなのでしょうか。
一般的に、運動神経がよくなる大切な時期として使われる「ゴールデンエイジ」。では、貯蓄ができるようになる大切な時期=貯蓄のゴールデンエイジは、いったいいつなのでしょうか。

貯蓄のゴールデンエイジを逃さない!

子どもの運動神経がよくなったり、スポーツが上達したりする大切な時期として、「ゴールデンエイジ」という言葉を聞きます。スポーツの種類等によっても異なると思いますが、一般的には9~12歳ごろという話を聞きます。

ガイドの上の子どもも、今まさに9歳で、本人はさておき、周りの友だちの姿をみるたびに、スポーツがぐんぐん上達していて驚くばかり。ゴールデンエイジというのはまさにあるのだなあと実感しているところです。

では、これを“貯蓄”に置き換えるとどうでしょうか。貯蓄は、やる気があれば、いつでも気づいたときから始められるものですが、貯蓄がしやすくなり、これからの貯蓄がぐんと伸びる可能性が高まる時期=いわば「貯蓄のゴールデンエイジ(大人バージョン)」というものが、ガイドはあると考えています。

それは、大きく分けて3回。今その時期にいる人は、貯蓄の能力を伸ばすチャンス!ぜひ意識してみてください(※エイジ=年齢ですが、ここでは“時期”としてお伝えします)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >