2017/09/30 19:45

お風呂はNG! 気をつけたい頭痛2種類

多くの症状を緩和してくれるお風呂。しかし、体調次第では入ってはいけない時もあります。今回は、お風呂に入ってはいけない「頭痛」について説明します
多くの症状を緩和してくれるお風呂。しかし、体調次第では入ってはいけない時もあります。今回は、お風呂に入ってはいけない「頭痛」について説明します

「頭痛」といっても、原因や症状はまちまち


「頭痛」はよくある症状です。日本では4000万人もの人が頭痛に悩まされているという推定もあります。しかし、頭痛と一口に言っても、その原因や症状はまちまちです。お風呂が症状改善に効果的な頭痛もあれば、お風呂に入ることによって症状が悪化する頭痛もあります。

お風呂に入ると改善しやすい頭痛もあるの?


よく見かける頭痛として、頭痛持ちの方の3~7割がかかえていると言われる「緊張型頭痛」が挙げられます。症状は主に後頭部を中心にした重苦しさ、締め付けられるような鈍痛が特徴です。程度も軽いことが多く、歩いたり、階段の上り下りで悪化するようなこともありません。

また、悪心や嘔吐もありません。原因は主に僧帽筋という首から肩、背中にある大きな筋肉の凝りによるもので、肩こりにも似ています。この場合、お風呂で温めて血流を良くすることで疲労物質が流され、また筋肉の緊張も和らいで症状が改善します。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >