2017/10/08 17:15

家族のケンカを防げ!言ってはいけない2つの言葉

毎日一緒の家族と、口を開けばすぐにけんかでは精神的に参ってしまいますよね。
毎日一緒の家族と、口を開けばすぐにけんかでは精神的に参ってしまいますよね。

けんかに直結しやすい2つのパターン

夫婦間や親子間のコミュニケーション、ささいなひと言から、険悪ムードになることってありませんか?

ご主人に対し、
「また飲み会?」
「靴下が脱ぎっぱなし。なんてだらしないの!」 

子どもに対し、
「ほら宿題が先! すぐになまけようとするんだから」
「いつもいつも同じ失敗ばかり…」

これらは、相手の反感を買いやすい言葉で、ある点で共通しています。

言い出しがNG
「また○○じゃない」「昨日も○○したでしょ」「いつも○○なんだから」のように、ひと言目に過去を引きずった言葉が出るパターン

言葉尻がNG
「だらしない」「気が弱い」「気が利かない」のように、最終的に相手の気質、性格の非難で終わるパターン

問題は、”言い出し”と”言葉尻”の余計なひと言。これが一瞬でけんかを勃発させてしまうのです。

なぜ”言い出し”と”言葉尻”はかみつかれやすいのか?

この2パターンがなぜ一瞬でけんかになりやすいのか? 自分が受け手となってその場をイメージするとよく分かります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >