2017/11/03 19:45

32歳人妻、出会い系サイトで稼いでいたが……

出会い系サイトで「サクラ」のバイトを始めた女性が、高額な収入にはまって有頂天になったときに陥った危険とは。虚構の世界で人をだまして収入を得ることの精神的な苦痛と後悔
出会い系サイトで「サクラ」のバイトを始めた女性が、高額な収入にはまって有頂天になったときに陥った危険とは。虚構の世界で人をだまして収入を得ることの精神的な苦痛と後悔

■きっかけは友人


友人のすすめで出会い系サイトの「サクラ」のアルバイトを始めた人妻A弓(32才)は、逆の意味ではまっていた。「簡単にお金になる」ので、最初はビックリしたがもうやめられない、と思っていた。

1件につき○○円ということで、1日に数時間で月に軽く10万円を越えたのだ。時給850円で近所の弁当・総菜店でやっていたパートの仕事がばからしく思えた。大変な立ち仕事より、自宅で出来てラクだったし、収入もグンと上がった。

夫(37才)は会社のリストラで、仕事内容は厳しくなったが収入は減った。家のローンもまだかなり残っている。子供はまだこの先、塾に進学にと金がかかる。A弓は「サクラ」のバイトを素晴らしいと思った。

「27才の人妻。夫が忙しいので気軽に楽しく遊べる人を探しています」

など、顔が見えないし声も聞こえないので、どうにでも化けられる。年齢や条件を微妙に変えて、まるで自分が多重人格になったように感じられた。女優のようにいろいろな女を演じた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >