2017/09/29 18:30

日本株はまだ上がる?ローソク足で今後を分析

日本株はまだ上がる?ローソク足で今後を分析
日本株はまだ上がる?ローソク足で今後を分析
日本の株式市場の全体的な株価の動きを表している株価指数が東証株価指数(TOPIX)です。北朝鮮による地政学リスクが高まっていますが、2017年9月以降、衆議院の解散総選挙が行われるという報道が流れてからは、景気対策への期待から年初来高値を更新しています。

日本の株式市場はまだまだ上がるのでしょうか?それとも下落するのでしょうか?TOPIXで考えてみました。

TOPIXの現状

TOPIXのチャートを見てみましょう。9月21日に1,679ポイントまで上昇していることがわかりますね。
TOPIXチャート。会社四季報オンラインより
株価は取引時間中、上昇と下落を繰り返しながら常に動いています。いくらで取引が始まり、いくらで取引が終わったのか、いくらまで株価が上昇し、下落したのか、取引時間中の株価の動きをわかりやすく表示したものを「ローソク足」と言います。

ローソク足とは

ローソク足がどのように形作られているのかをみていきましょう。
ローソク足
ローソク足の真ん中にある四角い部分を「実体」、実体の両端にある線を「ヒゲ(髭)」と言います。実体は、始値(はじめね)と終値(おわりね)を表し、ヒゲは高値(たかね)と安値(やすね)を表します。始値は取引が始まった時の寄付(よりつき)の株価で、終値は取引が終わる時の大引け(おおびけ)の株価です。高値はその日に最も高かった株価で、安値はその日に最も安かった株価です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >