2017/09/29 19:30

つみたてNISAを50代の人たちは利用するべきか

つみたてNISAの申込受付が10月1日からスタートします。運用益が非課税となるNISAの積立版ともいうべき制度で、積立開始は2018年1月から。
つみたてNISAの申込受付が10月1日からスタートします。運用益が非課税となるNISAの積立版ともいうべき制度で、積立開始は2018年1月から。

50代 資産形成をあきらめるにはまだ早い

昨年1月から利用者が拡大され、新たにiDeCoの愛称で注目された個人型確定拠出年金ですが、50代になってからの加入は無意味だという意見も聞かれます。

たとえば拠出限度額が月2万3000円の人が、限度額目一杯まで10年間積み立てたとしても、元本部分の総額は276万円ですから、非課税効果を存分に享受したいと考えている人には、確かに不満でしょう。

だからこそ、iDeCoをはじめとする確定拠出年金は、それに加入できるチャンスがあるならば、出来るだけ早いうちから始めるに越したことはないのですが、一方で50代の人たちが、「自分はもう50歳を過ぎているから関係ない」などと諦めることも、またないと思います。

つみたてNISAに注目

確かに、iDeCoは拠出限度額が決められていますから、運用がめちゃくちゃ上手く行かない限り、大きく殖やすことは出来ません。元本部分の総額が276万円では、いくら運用益が増えたとしても、非課税効果はたかが知れています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >