2017/09/30 21:40

投資でも「石の上にも三年」は鉄則ってどういうこと?

何事も初めがかんじん。最初に、正しい道を見つけ、適切なルートを歩めば、投資もむずかしいことではないのです。
何事も初めがかんじん。最初に、正しい道を見つけ、適切なルートを歩めば、投資もむずかしいことではないのです。

まずは決断

投資を始めるときには、最初に大事な選択を3つします。一つは、どの資産を扱うのか、二つ目には時間軸を、最後に投資手法を決めます。

第一は、株式か、債券か、不動産かという投資対象の選択です。

第二の時間軸とは、短期投資なのか、長期投資なのか、自分の投資ゴールを設定することです。

第三の手法とは、分散か集中か、順張りか逆張りか、レバレッジを使うのか使わないのかなどの、技術的な決断です。

こうした大事な選択に、絶対的な正解はありません。こうしないと勝てないみたいな、唯一無二の理想的な投資方法があるわけではありません。いろいろなやり方があり、たぶん、どんな方法をとっても、徹底すれば勝てるはず。大事なことは自分に合っているかどうか、適性の問題だと思います。

次に時間をかける

自分に最適なスタイルを選び、それを身につけ、勝っていくためには、やはり時間が必要です。手法にもよりますが、最低で1年。普通なら3年はかかります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >