2017/10/05 21:40

お金をATMから少しずつ下ろす人が貧乏な本当の理由

お金がなくなるたびに、「必要最低限の金額をおろせばいい」と考えATMやコンビニなどでお金をちょこちょこおろす人は、お金が消えやすい人の可能性があります。
お金がなくなるたびに、「必要最低限の金額をおろせばいい」と考えATMやコンビニなどでお金をちょこちょこおろす人は、お金が消えやすい人の可能性があります。

ちょくちょくお金を下ろす人が貧乏なのはナゼ?

昨今、銀行のATMはコンビニ内をはじめ、どこにでもあるため、私たちはいつでもどこでも、必要なだけのお金をおろせる環境にいます。

だからといってお金がなくなるたびに、「しばらく必要そうな金額だけをおろせばいい」と考えるとしたら、お金が消えやすい人の可能性があります。お金をちょこちょこおろす人には、以下の行動特性があるからです。

・手元にたくさんあると、つい使ってしまう。
・財布を落とす、盗まれるなど、紛失を怖がる。
・日常的に少額のやりとりしかしない。

まず「手元にたくさんあると、つい使ってしまう」というのは、気が大きくなって、さほど必要性の高くないものまでも買ってしまう傾向があるということ。

手元のお金は使ってもいい。そういう発想があるから、欲しいものがあると、「必要かどうか」ではなく、手元にあるお金で「足りるかどうか」で考えてしまう。つまり合理性よりも「ほしい」という感情で行動する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >