2017/10/29 12:35

歯石を取ると歯茎が下がる!? これって医療ミス?

数年ぶりに歯石を取ったら、健康だった歯肉が痩せて、歯の根元がたくさん見えるようになった気がする。
数年ぶりに歯石を取ったら、健康だった歯肉が痩せて、歯の根元がたくさん見えるようになった気がする。
歯周病が進行した状態であればあるほど、歯石を取った後の歯肉(歯茎)が大きく変化することがあります。でもそれが原因で誤解を生んでいることがあります。たとえば、歯の根の奥まで歯石を取られすぎて、しばらくしたら「歯肉が痩せて、歯の根元がどんどん見えるようになった。」という話です。

どうしてそんなに歯石を取るの?

「それは、歯石が歯周病の原因になっているからだよ。」

でも正確には、固くなった石のような部分は、歯周病の原因ではありません。歯垢が石灰化して固まっているため、何の病気も引き起こしません。

「エーッ、じゃあ何で歯石を取るの?」

実は歯石の表面を顕微鏡で見ると、歯の表面に比べて、とても凸凹しています。歯石の表面には歯垢がよりつきやすいのです。凸凹歯石には、細菌も集まりやすく、歯周病を進行させます。そのため歯石を取って細菌が集まってこないようにするのです。

実は病院などで歯石を取るときには、固まった石のような部分だけでなく、その周りの固まっていない歯垢などの汚れも一緒に取って、ツルツルにしています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >