2017/10/31 20:15

いじめ、暴行…「集団心理」が招く危険な結果

人が集団になると、いじめや暴行、暴動などの極端な行動が起こることがあります。
人が集団になると、いじめや暴行、暴動などの極端な行動が起こることがあります。

群衆の意見は極端に走りやすい!?

人が何人も集まる場所では、なぜかどこでも誰か1人の人に対しての非難・批判で盛り上がったり、仲間はずれやいじめが起こったりします。誰もが不快なこと、避けたいことだと思っているのに、どうして同じようなことが起こってしまうのでしょう。

人は集団のなかで討議をすると、個人の意見よりも極端な意志決定になる傾向があるといわれ、これを「集団極性化」といいます。

たとえば、ネットの掲示板では、議論が一方向に流れると違う切り口の異見が叩かれ、議論が一方向に極端に暴走していくことがあります。ブログやSNSでは、ネット上で誰かが批判されると、そこに他人も同調し、とことん槍玉に上げられて炎上し、閉鎖に追い込まれてしまうこともあります。

このように、ネット上で集団極性化が起こる現象を「サイバー・カスケード」と呼びます。

集団論議はどこに向かうのか?

集団極性化には、「コーシャスシフト」と「リスキーシフト」の2つの側面があります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >