2017/10/30 20:15

要注意!疲れたときに食べてはいけない食品

疲れると甘いものが食べたくなったり、がっつりした焼き肉などで回復しようと考えたりする人も少なくありません。
疲れると甘いものが食べたくなったり、がっつりした焼き肉などで回復しようと考えたりする人も少なくありません。

疲労回復したいときは「胃腸も疲れている」と考えるべき

疲れを感じるときは、足りないエネルギーを肉などのがっつりしたもので補充しようと考えがち。

しかし、疲れを感じているときは胃腸も疲れていることが多いもの。ストレスや疲労は胃の働きを悪くしてしまいます。こんな状態でがっつりした食事をとってしまうと、胃腸の疲れを助長してしまいます。疲労回復に効果的な食べ物だけでなく、疲れたときに避けるべき食べ物についても、正しい知識を持つようにしましょう。

疲れたときに控えた方がよい食べ物一覧

疲れを感じているときは、胃腸に負担をかけやすい以下のような食べ物は、なるべく避けた方がよいでしょう。

■塩辛い食べ物
疲れているときは塩辛いものが食べたくなる人も多いと思います。本当に体が塩分を欲しているのであればよいのですが、日本人の場合は味噌、しょうゆなど、食塩を使って味付けをした料理を好んで食べているため、通常の食事を食べていれば食塩の摂取量が少なすぎることはありません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >