2017/10/24 08:10

地震保険料控除とは?控除の対象や年末調整の必要性

地震保険は火災保険とセットで加入します。地震保険料を払っていれば、地震保険料控除の対象となって税金が安くなります。ただし、火災保険については保険料控除の対象とならず、年末調整も確定申告も関係ありません。
地震保険は火災保険とセットで加入します。地震保険料を払っていれば、地震保険料控除の対象となって税金が安くなります。ただし、火災保険については保険料控除の対象とならず、年末調整も確定申告も関係ありません。

地震保険料控除とは

損害保険契約(主に火災保険)に係る、地震保険に該当する部分の保険料や掛金において、一定の所得控除を受けることができます。これが地震保険料控除です。そのため、地震保険に加入していなければ、損害保険の分野では所得控除をうけることができません。

平成18年度の税制改正により、損害保険料控除が廃止となり、地震保険料控除のみが損害保険に関わる所得控除の対象です(一部経過措置有り)。今回は、地震保険料控除とは何か、そして年末調整・確定申告のポイントについて解説します。

地震保険の契約に伴い保険料を支払うと、1年間(=1月1日~12月31日)に支払った保険料に応じて、一定額をその年の所得から差し引く(=控除する)ことができます。所得控除のひとつで、これが「地震保険料控除」です。地震保険は保険料が高いとよく言われます。しかし、地震保険料控除が適用になることで、家計の負担は軽減されているのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >