2017/10/26 20:30

年老いた親の生前整理、子としてやるべきことは?

高齢の親が存命な人にとって、なかなか悩ましいのが親のエンディングです。「死んだときの話をするなんて、縁起でもない」と不快がられるかもしれませんが、何らかの形で意思表示をしておいてもらわないと困るのは、子どもである皆さん方です。親の老いと死に向き合ったとき、あわてないですむように、これだけはしておきたいことを整理しました。
高齢の親が存命な人にとって、なかなか悩ましいのが親のエンディングです。「死んだときの話をするなんて、縁起でもない」と不快がられるかもしれませんが、何らかの形で意思表示をしておいてもらわないと困るのは、子どもである皆さん方です。親の老いと死に向き合ったとき、あわてないですむように、これだけはしておきたいことを整理しました。

親の生前整理やエンディングは悩ましい問題

親が高齢ともなると、親の生前整理やエンディングを考え始める方も多いでしょう。「死んだときの話をするなんて、縁起でもない」と不快がられるかもしれませんが、何らかの形で意思表示をしておいてもらわないと、困るのは子どもの側です。

親の老いと死に向き合ったとき、あわてないですむように、これだけはしておきたいことを整理しました。

親のエンディングの前に入院の準備を!

高齢になると入・退院を繰り返してから死に至ることが多いと思われます。筆者の両親も還暦を過ぎたあたりから交互に入・退院を繰り返し、随分と心配させられたものです。

ただ、両親とも存命のうちは、どちらかが入院すると、もう一方が入・退院の手続きや病院の支払いなどの雑務をこなしていて、子どもたちは見舞いに行けばいいだけでした。しかし、父が亡くなってからは、母が入院するたびに雑務は筆者がこなしていました。

その経験から、親のエンディングの前に、まずはいつ入院してもいいように準備をしておくことをオススメします。準備とは、入院に必要なものを近くに収納しておいてもらうか、収納場所を聞いておくことです。母が緊急入院して必要なものを取りに実家に行ったとき、収納場所がバラバラで探すのに時間がかかって苦労したからです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >