2017/11/10 17:45

虐待・ネグレクト…幼少期のつらい体験が、現在の子育てをつらくする理由

わが子がかわいいはずなのに、衝動的に怒りが湧き、攻撃してしまうのはどうしてなのでしょう?  虐待危機に直面する母親の心理について解説します。
わが子がかわいいはずなのに、衝動的に怒りが湧き、攻撃してしまうのはどうしてなのでしょう? 虐待危機に直面する母親の心理について解説します。

なぜかわいいわが子を叩いてしまうのだろう?

子どもにひどい攻撃をしてしまうお母さんのすべてが、子どもを嫌っているわけではありません。むしろ、子どもに恵まれたことに感謝し、幸せを願って子育てに取り組んでいる方の方が多いと思います。

でも、子どもが泣き叫ぶ声を聞くとなぜか苛立ちが止められず、攻撃的な行動をしてしまう……。そして、あとから自分のしたことを振り返り、「なぜこんなにひどいことをしてしまったのだろう」と頭を抱えている方が少なくありません。

そんな複雑な心理には「赤ちゃん部屋のおばけ」という現象が関係しているかもしれません。「赤ちゃん部屋のおばけ」とは、米国の児童精神科医 フライバーグによることばですが、もちろん、怪奇現象やゴーストとは何の関係もありません。では、「赤ちゃん部屋のおばけ」とはどのような現象なのでしょう?

幼少期のつらい体験が、現在の子育てをつらくする

赤ちゃんと2人きりで密室の中で過ごしていると、絵にかいたような「安らかな育児」などありえません。多くの母親が、抱っこしてもあやしても泣き続ける子、片づけたそばから汚していく子に苛立ち、叫びたくなるような心境を経験しているものと思います。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >