2017/10/30 19:30

年末調整がやり直しになる主なケース3つ

年末調整がやり直しになる代表的なケースを3つ挙げ、その理由と対処方法をまとめました。ポイントとなるのは年末調整といっても、書類が回収されるのは12月初旬。ホントに年末時点の状況で記載ができるわけではないことです。年末調整で処理できる期限に間に合わなければ、自ら確定申告をして修正する必要があります。
年末調整がやり直しになる代表的なケースを3つ挙げ、その理由と対処方法をまとめました。ポイントとなるのは年末調整といっても、書類が回収されるのは12月初旬。ホントに年末時点の状況で記載ができるわけではないことです。年末調整で処理できる期限に間に合わなければ、自ら確定申告をして修正する必要があります。

年末調整がやり直し!? 該当する人は必見

年末調整シーズンになると配布され、回収される書類に「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」と「給与所得者の保険料控除申告書 兼 配偶者特別控除申告書」があります。これらが配布されるのは11月中で、回収されるのは12月初旬という会社がほとんどでしょう。

しかし、年末調整というくらいですから、基準日は年末です。年末調整後に配偶者や扶養親族の年収が異なっていることが判明すると、年末調整のやり直しとなるケースがあります。そのようなケースの代表的な3例と、対処方法・期限をとりまとめてみました。

1. 扶養親族等の“数”が変わった

年末調整が終わった後、結婚して控除対象配偶者を有することとなった、あるいは、扶養親族である子が入籍して扶養親族の数が減少した、というケースを想定してみましょう。

このケースでは
・結婚して控除対象配偶者ができた→配偶者控除の適用→税額軽減
・扶養親族である子が入籍→扶養控除の減少→税額増加
となります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >