2017/10/29 12:30

学生のアルバイト、年収103万円の壁に注意!

「103万円の壁」は主婦のパートなどでよく言われていますが、学生のアルバイトでも親の扶養範囲から外れないように注意が必要です。子どもがバイトに精を出すと両親の扶養家族から外れ、本人の税金と親の税金が高くなる可能性があります。
「103万円の壁」は主婦のパートなどでよく言われていますが、学生のアルバイトでも親の扶養範囲から外れないように注意が必要です。子どもがバイトに精を出すと両親の扶養家族から外れ、本人の税金と親の税金が高くなる可能性があります。

大学生のアルバイトは親の扶養範囲から外れないように注意

主婦のパートなどでよく言われる「103万円の壁」。主婦が夫の扶養の範囲内におさまるように働き、夫の所得税などを低く抑えるというものでした。

主婦の給与所得が年収103万円までなら、専業主婦と同様に所得税が優遇されるというものです。

この話、主婦だけではなく学生のアルバイトにもいえます。アルバイトに精を出したら、親の税金が増えた……ということも。そこで今回は、学生のアルバイトと扶養の関係についてご紹介します。

学生でも年収によって扶養控除が適用

所得税や住民税の計算をする時、養っている家族が何人いるかで税金が考慮されています。いわゆる人的控除といわれるもので、扶養家族が多いほど税金が安くなるというものです。

人的控除には、配偶者に適用される「配偶者控除」、扶養親族に適用される「扶養控除」があります。これらはいずれも給与所得であれば年収103万円以下の配偶者や親族であれば適用されます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >