2017/10/28 20:30

「自分にご褒美」は正しい?快適にお金が貯まる考え方

だれも家計のやり繰りに苦労する時期があります。そんなときに、節約、倹約といって消費を我慢するのは辛いことです。同じ結果を得るためなら、辛いより快適な方法の方が良いではないですか?節約と思っていない、自分のお金の貯まり方を開示しちゃいます。ご参考にしてください。
だれも家計のやり繰りに苦労する時期があります。そんなときに、節約、倹約といって消費を我慢するのは辛いことです。同じ結果を得るためなら、辛いより快適な方法の方が良いではないですか?節約と思っていない、自分のお金の貯まり方を開示しちゃいます。ご参考にしてください。

「節約が嫌い」な私のお金の使い方

私は節約が嫌いです。かといって浪費家ではありません。必要な時しかお金を使わない、という習慣が自然とできてしまいました。よく考えてみると、今のような消費文化の中では、私のような考え方はユニークなのだと気付き、この記事でご披露させていただきます。

節約するからストレスが生まれる

ほとんどの人は、人生のある時期に、集中的にお金を貯めることが必要です。そのために、消費を抑えなければならないときがあります。しかし、そのことを節約と思ってやるのは、ストレスが生まれます。

節約志向は、欲しい物を買わないで我慢するという悲愴な感傷を生じさせます。結果的に、自分の欠乏感にフォーカスしてしまい、自己評価まで下げてしまうことがあります。「自分は買いたい物も買えない人間だ」なんてね。

人はお金を使える人を成功者と思い、お金を使えない人を貧乏人と見なす傾向があります。ホントは逆が真かもしれないのに。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >