2017/11/11 20:45

季節の変わり目は眠りが浅い?秋の夜長の快眠法

蒸し暑い夜に不眠に悩まされた人は、夏の睡眠不足を解消するために「睡眠の秋」「快眠の秋」を目指してみてはいかがでしょうか?
蒸し暑い夜に不眠に悩まされた人は、夏の睡眠不足を解消するために「睡眠の秋」「快眠の秋」を目指してみてはいかがでしょうか?

季節の変わり目もぐっすり快眠するカギは「朝食」にあり!

蒸し暑くて寝苦しい熱帯夜の夏が過ぎ、気持ちよい季節になりました。一方で、季節の変わり目になると、眠りが浅くなってしまう……と悩みを感じる方もいるようです。秋の夜長に不眠に悩まされないために、ぜひ快眠のコツをおさらいしていただければと思います。

「秋と言えば食欲の秋」という方も、たくさんいるでしょう。秋にはいろいろな食べ物がおいしくなるうえに、夏バテから回復した体が栄養を求めて食欲も増してきます。

良い睡眠をとるために、食事はとても大切です。規則正しく食事をとることで、体内時計の調子が良くなり、覚醒と睡眠のメリハリがつきます。

まず、朝ご飯は必ず食べましょう。夜に眠っていた「腹時計」が、朝食をとることで目覚めます。今まで朝ご飯を食べていなかった人は、バナナや牛乳からトライしてみてください。

バナナや牛乳、乳製品、豆・豆製品、肉類などには、「トリプトファン」というアミノ酸が豊富に含まれています。体の中ではトリプトファンから、「セロトニン」が作られます。セロトニンは覚醒系の脳内物質です。つまり、朝食にトリプトファンをたくさんとると、日中はしっかり目覚めていられるのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >