2017/10/31 18:30

挫折した人も大丈夫?11月に始めれば家計簿は長続きする!

今年も挫折した家計簿。来年こそは?!と意気込んでいると、きっとまた失敗します。その理由は……? 長続きする家計簿付けのヒミツは、「11月」にあるのです!
今年も挫折した家計簿。来年こそは?!と意気込んでいると、きっとまた失敗します。その理由は……? 長続きする家計簿付けのヒミツは、「11月」にあるのです!

家計簿付けは11月から始めるべし!

11月は家計簿をつけ始めるのに良い時期。なぜこんな中途半端な時に?と思われるかもしれませんが、新年や新年度のようなキリのいいタイミングで始めようとすることが挫折のもとなのです。その理由と、秋からどう始めたらよいのかを解説します。

新年や新年度スタートでは長続きしない理由

■理由1 新年や新年度は忙しい
お正月は帰省したり、子どもを連れて遠出したり、来客があったりします。寝正月派は寝正月派で、なにもしたくない気分です。4月は新しい仕事を覚えるのに必死になったり、子どもの学校での様子を心配したり、生活リズムが変わったりと落ち着きません。そんな余裕のない時に新しいことを始めても、うっかり忘れてしまう可能性大です。そしてキリの良さを好む人ほど、数日書き忘れただけで、ほら、もうやる気が失せちゃう…。

■理由2 特別な出費が多く、戸惑う
年越し準備やお年玉、新しい学用品を買う、塾に通わせ始めるなど、区切りの良い時期は何かと「特別な出費」が多くなります。家計簿つけに慣れていない人は、特別な出費をどんな費目に入れたらいいのかパッと判断できず、それがストレスになります。また、特別な支出が多いと本当の日常生活にかかるお金を把握しにくくなり、家計をどう改善したらいいのかが見えず、家計簿をつける意味を見失います。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >