2017/10/31 19:30

40代平均貯蓄653万、自分はお金持ち?それとも貧乏?

総中流社会は過去のものとなり、貧富の差を感じるようになってきました。20歳代では差がなくても、貯めている人と貯めていない人では大きな差が付きます。自分は貯めている方なのか、そうではない方なのか、統計から自分の立ち位置を確認しておきましょう。
総中流社会は過去のものとなり、貧富の差を感じるようになってきました。20歳代では差がなくても、貯めている人と貯めていない人では大きな差が付きます。自分は貯めている方なのか、そうではない方なのか、統計から自分の立ち位置を確認しておきましょう。

平均貯蓄額は20歳代が155万円、60歳代が1339万円

家計に厳しい時代が続いており、収入は増えず貯金を切り崩して何とか生活している人も多いと思います。しかし厳しい時代でも貯めている人は貯めています。

厚生労働省の平成28年国民生活基礎調査で貯蓄額の平均値を確認してみました。下記は世代別にみた1世帯あたりの平均貯蓄額です。

・世帯主の年齢が29歳未満……154.8万円
・30~39歳……404.1万円
・40~49歳……652.7万円
・50~59歳……1051.2万円
・60~69歳……1339.4万円
・70~79歳……1277.6万円
・80歳以上……1240.8万円

20歳代(29歳以下)世帯の貯蓄額は平均154.8万円です。働いた年数は比較的短く、消費意欲は旺盛な世代なので、あまり貯まっていなくても問題ないです。というより貯まっていない方が普通と言えます。世代が上がるにつれて貯蓄額は増えていき、50歳代になると平均で1千万円を超えてきます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >