2017/11/17 18:15

他の子と違う…母子手帳から見る発達障害の気づき

「どこか、他の子と違う」そんな思いを感じながら、子育てしている方もたくさんいると思います。そんなときには、母子手帳を見てみましょう。
「どこか、他の子と違う」そんな思いを感じながら、子育てしている方もたくさんいると思います。そんなときには、母子手帳を見てみましょう。

「親子健康手帳」から見る発達障害の気づき

「日本の母子手帳を変えよう」プロジェクトから生まれた新・母子健康手帳(通称:親子健康手帳)をご存知ですか。

少子化、共働き世帯の増加、不足する産科・小児科医、産後うつなど……急速に変化する子育てを巡る課題の解決に貢献するため、“次世代の母子手帳のカタチ”をつくるプロジェクトの中で生まれたもの。内容は、母子手帳に関する議論を通じて寄せられた声やアイデアをもとに、毎年改善していて、現在216自治体に使用されています。

子育てをしていらっしゃる親御さんの中には、「どこか、他の子と違う」そんな思いを感じている方もいるでしょう。初めての子供だったりすると、なかなかその辺りも判断しにくいものです。ここでは、この最新の「親子健康手帳」に見る発達障害の気づきのヒントをご紹介します。

まずは幼児期の成長の発達段階と照らし合わせて、気になることをチェックしてみましょう。

■睡眠が上手くとれない

親子健康手帳の「生活リズムの見直し~脳を育てる5つの定点」の項目には、脳の発達のためには、生活リズムを整えることが大切であることが記載されています。朝早く起きて、カーテンを開け日の光を浴びて一日を始める、そんな当たり前のことが乳児の成長にはとても重要なのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >