2017/11/01 12:20

あなたが国の年金制度を信じられない4つの理由

あなたが国の年金制度を信じられない4つの理由を教えましょう。実際のところそれは「疑心暗鬼」なのかもしれません。
あなたが国の年金制度を信じられない4つの理由を教えましょう。実際のところそれは「疑心暗鬼」なのかもしれません。

なぜ年金制度をあなたは信じられないのか

2014年11月に公表された日本生命の保険加入者を対象としたアンケートでは、将来受け取るであろう国の年金額の水準について、20歳代の17%、30歳代の11%が「受け取れないと思う」と回答しているそうです。金額を聞いている(10~20万円くらい、とか)ところへの回答ですから、相当の年金不信であると思われます。

年金制度を若い人ほど信じられないのは一般的に言われていることですが、そもそもなぜ信じていないのか、その信じない理由には根拠があるのか、と問われれば多くの人は「なんとなくそう思う」と答えるのではないでしょうか。

今回はマネーハック目線で「なんとなく信じられない」について逆の角度から光を当ててみたいと思います。「なんとなく信じられない」はもしかしたら実態のないものを疑うようなもので、ことわざにいう「疑心、暗鬼を生じる」かもしれません。

理由1:今は負担しかしておらず実感ができない仕組みだから

そもそも論でいうと、年金制度ほど若い人が実感できず不公平感を感じる制度はありません。というのも、「子ども~学生の時代」「社会人として働く時代」「年金生活時代」と3つに人生を分けたとき、社会人として働く時代は「負担のみ」で制度に負担感しか感じられないのは当然だからです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >