2017/11/04 21:40

お金持ちが多いのはどの県?都道府県別の家計資産額

みんなどれくらい家計資産を持っているのでしょうか?都道府県別でみると、多いのはどこ?実態調査の結果をお届けします。
みんなどれくらい家計資産を持っているのでしょうか?都道府県別でみると、多いのはどこ?実態調査の結果をお届けします。

1世帯当たりの家計資産、平均は3491万円

全国消費実態調査によれば、2人以上の世帯の家計資産は3491万円。内訳は

・宅地資産1832万円…家計資産に占める割合は52.5%
・金融資産(貯蓄-負債)1039万円…同29.8%
・住宅資産492万円…同14.1%
・耐久消費財128万円……同3.7%となっています。
・世帯主の平均年齢は57.3歳、平均世帯人数は3.03人、宅地と住宅の保有率は約8割。

※全国消費実態調査は5年ごとに行われ、このデータは2014年11月末日のものです。実物資産として土地と建物で約2300万円、車などの耐久消費財が約130万円、これに金融資産が1000万円ちょっと、お父さんは50代後半で3人家族のイメージです。家計資産の半分は土地の評価額。お宅はいかがでしょうか?

家計資産を500万円ごとの分布で見ると、平均値3491万円を下回る世帯が6割以上を占め、中央値は2238万円。資産の低い方に片寄った分布となっています。世帯主の年齢による差があり、家計資産が多いほど世帯主の年齢は高くなります。通常、結婚後、年を経るにつれて家計資産を築いていくことを考えれば、納得の結果とも言えます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >