2017/11/06 19:30

知らないと損!国民年金の免除制度とは

派遣切りやリストラで安定した収入がない人にとって、国民年金保険料の負担は重いもの。こんな時に利用したいのが、免除制度。退職(失業)特例免除もあるので、失業中の人はぜひ利用して!
派遣切りやリストラで安定した収入がない人にとって、国民年金保険料の負担は重いもの。こんな時に利用したいのが、免除制度。退職(失業)特例免除もあるので、失業中の人はぜひ利用して!

失業中の保険料負担は重い

非正規雇用がまだ多い中、有期雇用の雇止めなどで就職活動に励んでいる人もいるのではないでしょうか?新しい就職先を探すのは大変なことだと思います。しかし、ご自身の年金がどうなっているかご存知ですか?

会社員時代は厚生年金に加入していた人が多いと思いますが、このような人は退職と同時に国民年金に加入することになります。でも、国民年金の保険料が高いので、加入の手続きをしていないという人はいませんか?

国民年金の加入手続きが済んでいない人は、今すぐ自治体の窓口に行って加入の手続きをしましょう。所得制限がありますが、条件によって保険料が免除される制度があります。この免除の手続きをするだけで、保険料を払わなくても、ある程度の年金制度の恩恵を受けることができるのです。今回は、この国民年金の免除制度についてご紹介します。

老後の年金がなくなるかも!年金の加入期間に注意を

老後に老齢年金を受給するためには、国民年金や厚生年金などの加入期間が25年以上ないといけません。つまり、24年11カ月の間、年金保険料を納めたとしても、老後の年金額は0円ということになるのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >

おすすめキャンペーン