2017/11/12 19:30

未熟児養育医療制度とは?内容と手続きの方法は

未熟児養育医療制度とは、医師の判断で、「入院治療が必要」とされ、しかも、自治体が指定する医療機関で入院・治療を受けることになった場合に、医療費を助成してもらうことができる制度です。
未熟児養育医療制度とは、医師の判断で、「入院治療が必要」とされ、しかも、自治体が指定する医療機関で入院・治療を受けることになった場合に、医療費を助成してもらうことができる制度です。

未熟児養育医療制度とは?

未熟児養育医療制度とは、医師の判断で、「入院治療が必要」とされ、しかも、自治体が指定する医療機関で入院・治療を受けることになった場合に、医療費を助成してもらうことができる制度です。

赤ちゃんが2000g以下の未熟児で生まれた、あるいは、運動異常や体温が摂氏34度以下、強いチアノーゼなど呼吸器、循環器の異常、くり返す嘔吐、強い黄疸など、所定の状態のときには、入院治療が必要になります。

制度の対象になるのは?

自治体によって、全額助成の対象となるところと、一部自己負担が発生するところがあります。所得制限がある自治体もあります。ただし、一部自己負担が発生する場合も、自己負担分は乳幼児医療費助成の対象となります。つまり、さらに払い戻すことができる場合があるのです。

申請に必要な書類は?

制度の適用を受けるには、養育医療給付申請書のほか、養育医療意見書、世帯調書、所得税額証明書などの書類が必要です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >