2017/11/11 12:20

転職後に年末調整が必要な理由

サラリーマンの年末の恒例行事「年末調整」。これは、1年分の所得を計算して所得税を決めるもの。この年末調整について、転職、退職後は注意。手続きを忘れると、税金が高くなるかもしれないのでチェックしておきましょう。
サラリーマンの年末の恒例行事「年末調整」。これは、1年分の所得を計算して所得税を決めるもの。この年末調整について、転職、退職後は注意。手続きを忘れると、税金が高くなるかもしれないのでチェックしておきましょう。

転職した人が年末調整で注意すべきことは?

年末が近づくと、多くの職場では年末調整の事務作業が行われます。保険の領収書を提出したり、扶養家族の人数を確認したりする年末の恒例行事です。

この「年末調整」とは、1年間の所得を全て計算して、その年の所得税を決めようというもの。一般には、サラリーマンの年末調整は会社で手続きをしてくれます。転職をした人は、新しい勤務先が年末調整をしてくれます。今回は、転職者の年末調整において気をつけておきたいポイントをご紹介しましょう。

年末調整はサラリーマンの“決算”

まずは、年末調整についておさらいをしておきましょう。年末調整は、サラリーマンの所得税を決めるためのものです。

所得税は、1年間の所得合計や扶養家族が何人いるか、生命保険はいくら払ったか、社会保険料はいくら払ったか……など(控除といいます)から、所得税を計算していきます。なので、1年間のお給料の額が決まる年末に、所得税の税額が決まるのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >