2017/11/14 11:30

不妊治療費用の助成制度とは?助成額や注意点

不妊治療は費用もかかり、体への負担も軽くはありません。経済的な負担の一部を軽減してくれる助成金がもらえる制度があります。厚生労働省の特定不妊治療支援事業や東京都の特定不妊治療費助成について解説します。助成額や申請方法について解説します。
不妊治療は費用もかかり、体への負担も軽くはありません。経済的な負担の一部を軽減してくれる助成金がもらえる制度があります。厚生労働省の特定不妊治療支援事業や東京都の特定不妊治療費助成について解説します。助成額や申請方法について解説します。

不妊治療費用の助成制度は、住んでいる自治体の制度も確認を

不妊治療は費用もかかり、体への負担も軽くはありません。経済的な負担の一部を軽減してくれる助成制度があります。実際には自治体によって一部制度が異なる場合もありますので、お住まいの自治体の制度を確認してください。

不妊治療には多額の費用がかかる

不妊治療の検査や治療の中にも、健康保険の対象になるものとならないものがあります。保険対象の検査法、治療法かどうかで治療費は大きく異なります。保険対象外の治療は自由診療となり、医療機関によって検査費や治療費に差があります。保険適用外の治療法には助成対象のものもありますが、その場合も、国の指定を受けている機関でないと、助成を受けることができません。

不妊治療において、保険の対象にならない治療法には、「高度不妊治療」と言われる体外受精や顕微授精があります。保険がきかないため、たとえば体外受精の例で1回当たり20万~50万円の費用がかかります。経済的にも大きな負担であるのは確かで、全額ではないものの、助成制度は大きな助けになるでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >