2017/11/11 23:50

火災保険「偶然」の事故で破損・汚損の補償とは?

火災保険には破損汚損という(不測かつ突発的な事故)の補償があります。他の補償の比べて発生頻度が高いのが特徴です。そんな破損汚損の補償についてご紹介します。
火災保険には破損汚損という(不測かつ突発的な事故)の補償があります。他の補償の比べて発生頻度が高いのが特徴です。そんな破損汚損の補償についてご紹介します。

火災保険には破損汚損という補償がある

火災保険の補償の一つに偶然な事故よる破損・汚損(不足且つ突発的な事故などという損保もある)の補償があります。自然災害のように建物に住めなくなるような事故よりもちょっとした損害ながら、発生頻度が多いのが特徴です。火災保険の破損・汚損(不測かつ突発的な事故)の補償について解説します。

破損汚損(不測かつ突発的な事故)の補償とは?

破損汚損の補償とは、不測かつ突発的な事故で、保険の対象になっている建物や家財の損害をカバーする補償です。ここでいう不測かつ突発的な事故というのは、例えば火災や台風による風災、落雷など通常火災保険で補償されていることが原因のものは含みません。

台風による風による破損なら、「風災」という補償があるのでこちらで保険金が支払われます。それ以外の偶然の事故と考えてください。例えば次のような事故です。

・子供が家の中で走り回っていて、転んだ拍子にプラズマテレビにぶつかって壊れた(家財が対象の場合)。
・子供が室内で物を投げて窓ガラスが破損(建物が対象の場合)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >