2017/11/23 16:45

めんどくさい「お風呂掃除」を時短にするコツ

お風呂掃除で意外と体力や気力を奪うのが「手足が濡れる」こと。気持ちの負担を軽減させる工夫をしていきましょう。
お風呂掃除で意外と体力や気力を奪うのが「手足が濡れる」こと。気持ちの負担を軽減させる工夫をしていきましょう。

お風呂掃除を時短

お風呂掃除は、思いのほか体力を使う家事のひとつです。浴槽の中に身をかがめるといった、体の移動が多いことに加え、意外と体力や気力を奪うのが「手足が濡れる」こと。

手や足の裏には多くのつぼが密集しています。常日頃よく使っている部位ですが、普段と違う刺激にとても敏感な場所でもあるんです。手足が汚れる、濡れる家事は負担感も大きいため、億劫になりがち。時短することで、気持ちの負担感も軽減させる工夫をしていきましょう。

通常のお風呂掃除は入浴時にすませる

手足が「濡れる」「身をかがめる」ことがお風呂掃除のハードルとなっているのならば、それを逆手に取りましょう。

そう、濡れることも身をかがめることも苦にならない時間を、お風呂掃除の時間とすればよいのです。もうおわかりですね。はい、お風呂掃除に一番適しているのは、入浴中ということになります。

ここで、私が一番大事だと考える掃除の基本に立ち戻ってみましょう。これは、アメリカで掃除会社を経営するジェフ キャンベルさんの書いた「スピードクリーニング すばやいお掃除」(ソフトバンク文庫)にもある、こんな鉄則です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >