2017/11/15 08:10

生命保険料控除を受けると税金が安くなる

生命保険に入って保険料を払っていると生命保険料控除が受けられ、税金をおまけしてもらえる特典があります。生命保険料控除の対象となる契約はどんなものか、手続きはどうすればいいかを知っておきましょう。
生命保険に入って保険料を払っていると生命保険料控除が受けられ、税金をおまけしてもらえる特典があります。生命保険料控除の対象となる契約はどんなものか、手続きはどうすればいいかを知っておきましょう。

対象となる保険には条件がある

生命保険に加入すると、当たり前の話ですが、契約者は保険会社に保険料を支払うことになります。この生命保険料には、一定の金額が契約者のその年の所得から差し引かれ、所得税と住民税が安くなる税法上の特典があります。これが「生命保険料控除」です。

生命保険料控除には「一般の生命保険料控除」、「介護医療保険料控除」、「個人年金保険料控除」の3種類があり、控除の対象となる保険には下記のような条件があります。

「一般の生命保険料控除」、「介護医療保険料控除」の対象となる保険の条件
保険金受取人は契約者または配偶者、その他の親族(6親等以内の血族と3親等以内の婚族)に指定している保険。財形保険、保険期間が5年未満の貯蓄保険、団体信用生命保険は対象となりません。医療保険、ガン保険、介護保険は、契約相手が損害保険会社でも、一般の生命保険料控除または介護医療保険料控除の対象となります。

「個人年金保険料控除」の対象となる保険の条件
以下のすべての条件を満たし、「個人年金保険料税制適格特約」を付けた保険が対象となります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >