2017/11/28 20:45

実は深刻! 職を失い健康寿命も縮む「片頭痛」の恐ろしさ

たかが頭痛と甘く考えがちですが、片頭痛(偏頭痛)は 健康寿命を縮め、人生の質も落とす病気です。
たかが頭痛と甘く考えがちですが、片頭痛(偏頭痛)は 健康寿命を縮め、人生の質も落とす病気です。
「頭痛くらいなら、痛み止めでも飲んで我慢していればいい。」

もし、あなたがこう考えているのなら、大切な健康寿命が縮んでいるかもしれません。片頭痛は、あなたが自立して健康的に生きられる年数を、3年も縮める重症の病気です。片頭痛は頭が痛い病気という概念を超え、精神的、経済的にも人生の質(QOL : Quality of Life)を落とします。今回は、片頭痛とQOLについてお話します。

※「偏頭痛」という表記もありますが、学会などでは「片頭痛」という表記が主流ですので、以下「片頭痛」とします。

片頭痛の有病率

片頭痛は、日本人の8.4%、840万人が悩んでいるといわれています。世界的に見ても、ドイツ27.5%、米国13%、フランス12.1%、台湾9.0%、マレーシア9.0%、中国3.0%の有病率があり、ごくありふれた病気の一つです。調査方法や診断の精度など、ライフスタイルや地域性の差はあると思いますが、片頭痛はアジアでは有病率が低く、欧米で高い傾向にあります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >